FastLife

主に音楽(高橋優(ユアノン)、ハンサムケンヤ)、ディズニーchスター、MARVEL、APPLEなどですよろしくお願いします(o・v・o) ブログを書いています!!ご覧ください!

来年のiPad Proは顔認証に対応か?

f:id:k-f0rest0112:20171010140436j:image

 KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、2018年に発売予定のiPad Proには、iPhone Xで採用された顔認識カメラシステム「TrueDepth」が搭載され、Face IDに対応するとレポートしました。

 iPhone Xと一貫性のあるユーザー体験を実現することで、エコシステムを拡大し、製品の競争力を確保したい狙い。TrueDepth搭載機が増えることによって、開発者は安心して顔認識を活用したアプリケーションを開発できます。

 

 なお、TrueDepth対応モデルはタブレットモデルのうち主力であるiPad Pro系統に限られる見込み。

 以前のレポートにもあったように、Kuo氏は、2018年以降のiPhoneも継続してTrueDepthを搭載すると予測しています。

 また、Android陣営は「画面内蔵指紋認証」への関心を捨て、顔認識技術の研究を開始するとも予想しています。AndroidiPhone Xの顔認識に追いつくには、最大で2年半はかかると見通されています。

 顔認識対応のiPad Proが2018年のいつ投入されるのか具体的な日時はまだわかりません。ちなみにAppleが最後に発売したiPad Proの発売時期は2017年6月でした。

来年くるかも…? 噂を元に作られた「iPhone X Plus」のレンダリング画像

 f:id:k-f0rest0112:20171010190028j:image 

登場が待ち遠しい。
11月3日発売の発売を目前に控える「iPhone X」。待ち焦がれている人も多いのではないでしょうか? そんな最中、今までの噂を元に作られた「iPhone X Plus」のレンダリング画像がネットで公開されましたよ! 画像を作成したのはApple(アップル)製品関連の情報をまとめているiDROP NEWS。え? 一見iPhone Xとの違いがわからない? よく見てください。iPhone Xのディスプレイサイズ5.8インチに対し、iPhone X Plusは6.4インチになっているのです。

f:id:k-f0rest0112:20171010190013j:image

以前、The Korea Heraldが「2018年に登場する新型iPhoneには6インチ以上の大型液晶ディスプレイが搭載される」と報じており、Appleが5.28インチ、5.85インチ、6.46インチの3つの有機ELディスプレイ搭載モデルを準備しているということが噂されていました。
その後、5.28インチモデルの計画は中止になったと言われているものの、この6.46インチモデルの準備は引き続き進められており、これがiPhone X Plusに該当するだろうと期待されています。
ここで気になってくるのが、6.3インチでベゼルレスに近いディスプレイを搭載したSamsungサムスン)のファブレット「Galaxy Note 8」との差別化。そこで、iDROP NEWSの予想によると、iPhone X Plusがこのライバルに対抗するには、RAMをiPhone Xの2倍となる6GBにするか、もしくは4GBにしてOSのほうで最適化を図り、実測スピードを向上させる必要があるとのことです。また、iDROP NEWSは、iPhone X Plusは1099ドル(約12万4800円)から登場するのでは?と踏んでいます。個人的には、もう少し高くなるのではという気もしているのですが...。ちなみに、Galaxy Note 8の価格は929.99ドル(約10万5200円)。
今回の情報はあくまで予想であるため、果たして本当にAppleが6.4インチのiPhone X Plusを準備しているのかどうかはわかりませんが、本当だとすると、iPhone X Plusも同じくファブレットと呼ばれることになるのでしょうか...? あと、Appleが6.3インチに舵を取り始めると、他社メーカーも同じ方向に進んでいくことが予想できますので、スマホの巨大化トレンドは今後も続くことになりそうですね。

iPhoneソックリのBlackBerry登場?

有名リーカ―evleaksことEvan Blass氏は、未発表のBlackBerryスマートフォンレンダリング画像をリークしました。

BlackBerryながらも、BlackBerryらしい伝統的な物理キーボードを備えません。iPhone 5などを彷彿とさせる部分があります。

 かつてTCLのグローバルセールス担当責任者が、2017年10月に耐水性のあるビジネス向けのフルタッチBlackBerryの新機種を投入することを示唆していましたが、それが該当するのかもしれません。

 その機種は当時、BlackBerry Kryptonとして噂されていましたが、Blass氏の「さよならクリプトン、こんにちは、ブラックベリーモーション」のツイートから察するに、KryptonではなくBlackBerry Motionが正式な製品名となるのかもしれません。

 これらの製品は、最近のBlackBerry端末同様、中国TCLが製造開発を担当するものと考えられます。物理QWERTYの端末としてはBlackBerry DTEKシリーズが存在しますが、これを踏襲してDTEK60などの型番を持つのか、それともMotionの名を冠するのか。そして最近のBlackBerryシリーズは国内正規代理店FOXを通じて、SIMフリーにて国内販売されていますが、そのような販路は用意されるのでしょうか。気になるところです。

スマホアプリと携帯番号で手数料格安の個人間送金、大手銀行が実証実験へ

スマートフォンから、携帯電話番号を使って個人間送金ができるシステムの実証実験をみずほ銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行の3メガバンクが来年1月から開始する、と日本経済新聞が報じています。現在の送金手数料よりも大幅に安い手数料での送金が可能になると期待されます。
スマホアプリから格安手数料で送金可能に
3メガバンクが実証実験を開始するスマートフォンを使った個人間送金方式は、ビットコインなどの仮想通貨を支えるブロックチェーンの仕組みを活用したものです。

 

送金は、スマートフォンにインストールした専用アプリに指紋認証や暗証番号でログインし、携帯番号やメールアドレス、SNSサイトのIDなどで相手先を指定するだけで、相手の口座番号を知らなくても24時間送金が可能になります。

 

現在の銀行間の送金に使われている全銀ネットのシステムではなく、開発・維持コストを抑えることのできるブロックチェーンを使うため、送金コストが下がり、割高な現在の手数料が現在の10分の1以下になると期待されています。

 

この送金方式は、LINE Payなどの個人間送金サービスと違って、利用金額の事前チャージが不要となる点がメリットとされています。
米国では個人間送金のApple Pay Cashが今秋サービス今秋開始
Appleは、アメリカで個人間送金サービスのApple Pay Cashを今秋開始すると予告し、サービス開始に向けて社内で実験を開始しています。Appleはヨーロッパでも同サービスを商標登録しており、世界的な展開を見据えていると考えられています。

 f:id:k-f0rest0112:20171009115951j:image

日本ではApple Pay Cashのサービス開始時期は不明ですが、仮に日本でもApple Pay Cashのサービスが開始されれば、個人間送金が便利に使えるようになりそうです。

 

大手銀行が進める個人間送金も、Apple Pay Cashも、詐欺などの犯罪に悪用されない、ユーザーが安心して使える仕組みとして普及することに期待したいところです。

iPhone Xの壁紙動画に続き、ホーム画面などを写した3枚の写真が流出!

f:id:k-f0rest0112:20171009115635j:image

iPhone Xを手にした動画に続き、iPhone Xのロック画面、ホーム画面と本体背面を写した3枚の写真が海外掲示板サイトRedditの同じユーザーによって公開されました。Apple公式の画像と比べると画面上部のノッチ(切り欠き)が、やや目立つ印象を受けます。

  • iPhone Xの動画に続き写真が流出!

iPhone Xに設定されたダイナミック壁紙の動作状態がわかる動画に続いて、同じ人物がiPhone Xの写真3枚をスライドショー動画にして公開しました。

 

1枚は、本記事トップのロック画面を写したもので、米大手キャリアAT&Tの電波を受信していることを示す表示があります。

 

画面下部には、懐中電灯とカメラのアイコン、そしてジェスチャー操作用のバーが表示されています。

 

よく見ると、一番下に小さく「confidential & proprietary, call(機密・所有物、・・・に電話を)」とあり、Appleやキャリアの関係者向けの端末と考えられます。なお、電話番号らしき部分が塗りつぶされてされています。

  • やや画面上部の切り欠きが目立つ?

2枚目は、ロック解除後のホーム画面の写真です。画面下のドックに4つの標準アプリのアイコンが収まっています。

f:id:k-f0rest0112:20171009115659j:image

 

写真は明るい屋外で撮影されているようですが、個々の画素が発光して画像を表示する有機EL(OLED)ディスプレイのためか、明るい場所でも表示が鮮明で見やすいです。

 

本体の前面がディスプレイに覆われていることが確認できるほか、Appleによる公式画像と比べて、画面上部の切り欠きが幾分大きく感じられます。

 
光沢のある黒のようなスペースグレイの背面
最後は、スペースグレイのiPhone Xを背面から撮影した写真です。

 

強化ガラス製の背面が光を反射して、光沢のある黒のように見えます。

f:id:k-f0rest0112:20171009115806j:image

スライドショー形式の動画は、Redditのサイトで確認可能です。

Sonyの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」、発売開始

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X : Bluetooth対応 左右分離型 マイク付き 2017年モデル シャンパンゴールド WF-1000X N

Sonyから登場した、待望の左右独立型ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」が発売開始されている。価格は税込み26,870円。カラーはブラックとシャンパンゴールドの2色展開となっている。

 

僕の愛用しているヘッドホンの1つ「Sony MDR-1000X」のように、ノイズキャンセリング機能を耳栓サイズのイヤホンに実現。すでに多数の耳栓型のイヤホンが登場しているが、ノイズキャンセリング機能を搭載しているという点においては一線を画する。

また、音楽を聞きながら周囲の音を取り込むことができる「アンビエントサウンドモード」なども用意され、使い勝手や安全性にも配慮。

専用充電ケースも用意され、ケースから取り出すだけで自動的に電源がオンになる仕様。電池持ちはノイズキャンセリングのオン・オフに関わらず、最大3時間の音楽視聴に対応。

充電ケースと組み合わせた最大利用可能時間は9時間。「AirPods」の24時間には見劣りするものの、ノイズキャンセリング機能が搭載されている代償、ということにしておこう。

PHILE WEBによると、「予想以上の予約」に供給が追いついていないと9月30日時点で報じられている。購入したい人は早めにどうぞ!

 

 

 

ディスプレイ上で指紋認証は幻の技術に?Android陣営も顔認証に関心

f:id:k-f0rest0112:20171007214309p:image

ネジの形まで他ベンダーから真似されるiPhoneにあって、iPhone X指紋認証(Touch ID)ではなく、顔認証(Face ID)がセキュリティー認証機能として採用されたことは、スマートフォン業界にとって大きな意味を持ちます。著名アナリストによると、Face IDの登場によって、Android陣営が一斉に3Dセンサーへと舵を切り始めたそうです。

  • Android陣営からの問い合わせが急増

指紋認証センサーのディスプレイ内埋め込みへの関心は薄れつつあると指摘するのは、KGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏です。Apple製品に関する数々の正確な予測で知られるクオ氏は、AppleがTrueDepthカメラとFace IDを発表したことで、Androidベンダーからの3Dセンサーに関する問い合わせが3倍以上になった、と話します。

 

これまでAndroid陣営はSamsungを筆頭に、ディスプレイ下に指紋認証センサーを搭載することに心血を注いできました。それは、Qualcommが2018年向けにセンサーを発表したことからも明らかでしょう。

 

Appleも途中までは、iPhone Xのディスプレイ内へのTouch ID埋め込みを検討していたと言われています。しかし技術的な問題から、最終的に同社が選び取ったのは顔認証という次世代技術でした。

  • 3Dセンサー技術は金になる

クオ氏はAndroid陣営が、いち早く3Dセンサー技術を採用しようと考えていると述べます。Appleに続いて革命的な技術を採用することで、ハイエンドモデルとして高い利益率を確保できる端末を展開できるからです。

 

もっとも同氏はレポートで、Appleの採用するTrueDepthカメラは「Android端末の2年半先を行っている」とも述べており、実用に耐えうる顔認証がAndroidから登場するのはまだ先の話でしょう。

 

それでも同氏はAndroid陣営が、多額の資金を投じて顔認証技術を確立させようとするとみています。

 

「3Dセンサーは、セキュリティーアプリで顔認証を可能にしたり、アニ文字のような面白い表現を生み出せたりするだけではない。もっと重要なのは、同センサーがAR開発への重要な鍵だということだ」

  • LCDが生きながらえた?

興味深いことに、3Dセンサー技術の隆盛にともなって、液晶ディスプレイ(LCD)が息を吹き返すのではないか、ともクオ氏は指摘しています。

 

有機EL(OLED)ディスプレイがスマートフォン市場に台頭し始めたのには様々な理由がありますが、その一つは指紋認証センサーの埋め込みにOLEDが適しているから、というものでした。

 

しかし顔認証であれば、OLEDにこだわる必要がないので、よりコストが低く調達しやすいLCDが使われるシーンが想定できるというわけです。