FastLife

主に音楽(高橋優(ユアノン)、ハンサムケンヤ)、ディズニーchスター、MARVEL、APPLEなどですよろしくお願いします(o・v・o) ブログを書いています!!ご覧ください!

iPhone Xの生産問題について協議?アップルCOOとFoxconn会長が台湾で会談のうわさ

アップルのジェフ・ウィリアムズ最高執行責任者(COO)が、Foxconnの会長テリー・ゴウ氏と今月中に台湾で会合を持つと報じられました。

FoxconniPhone Xの組み立てを独占的に担う企業。両者が何を話し合うかは明らかにされていないものの、iPhone Xの生産問題が取り沙汰されていることから、おそらくは生産工程のボトルネック解決についての内容になると推測されます。
Nikkei Asian Reviewによると、ウィリアムズ氏はもともとiPhoneのCPU生産を一手に引き受けるTSMCの創立30周年記念イベント(10月23日に開催)に参加するために台湾を訪問する予定でした。そしてそれ以外の目的は公にされていません。

しかしながら、iPhone Xの生産が難航している原因が3Dセンサーモジュール用のドットプロジェクターとささやかれている状況を考えれば、様々な憶測を呼ぶのもやむを得ないところです。
 

 

iPhone Xのドットプロジェクターを生産しているのは、Foxconnの傘下にあるシャープと、LGグループの部品メーカーLG Innotek。10月初旬、ゴウ氏はシャープの施設を訪れ、関連問題の解決について協議したとされています。

Nikkei Asian Reviewの取材に対し、シャープの役員は歩留まり率は徐々に改善しているものの、満足できるレベルには達していないと回答。10月末までにiPhone Xを全面的に大量生産できる域には及ばないと付け加えたとのことです。

ちなみに、ウィリアムズ氏が出席するTSMCのイベントには、アップルと特許技術関連で争う半導体メーカー、クアルコムのスティーブ・モレンコフCEOも出席予定。ウィリアムズ氏にとって今回の台湾出張はなかなか気が重くなる仕事ばかりかもしれません。

iPhone8/8 Plusは売れず、iPhone Xは当面入手困難に

f:id:k-f0rest0112:20171023205805j:image

Appleは現在、難しい局面に立たされています。iPhone8/8 Plus売上が想定よりも伸びない一方、発売の時点で準備できるiPhone Xの台数が限られているからです。

  • カナダ最大のキャリア「iPhone8への関心は低い」

Appleが組み立てを請け負うサプライヤーに対し、iPhone8/8 Plusの11〜12月の発注台数を、当初予定していた1,000万~1,200万台/月から、500~600万台/月へと半減させたという情報が浮上していることは、先日お伝えしました。

 

この情報を裏付けたのが、カナダ最大のワイヤレス通信キャリアであるRogers Communicationsの最高経営責任者(CEO)、ジョー・ナテイル氏の発言です。ナテイルCEOは現地時間19日、同社第4四半期決算発表において「iPhone8への関心は低い」と語りました。

 

顧客の関心は機能とデザインを一新したiPhone Xに向けられているものの、その値段の高さと、出荷台数が当面限定されることから、売上がどうなるかは不透明だとも述べています。

 

米メディアForbesは、1社の話だけでは判断できないとしながらも、Rogers Communicationsが1,000万人以上のユーザーを持つカナダ最大のキャリアであることから、ナテイルCEOの発言が意味するところは大きいと指摘しています。

 

iPhone8/8 Plusの売上については、NTTドコモの吉澤和弘社長もiPhone7シリーズに比べて7割ほどに留まっているとし、「思ったよりも売れていない」と発言しています。

  • iPhone Xは当面入手困難になるのは確実か

iPhone8/8 Plus人気がいまひとつでも、iPhone Xが売れればトータルでは問題なさそうですが、Apple情報に詳しいKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏は、11月3日の発売時点でAppleが用意できるiPhone Xの台数は、わずか200〜300万台と見積もっています。

 

iPhone6s/6s Plusの発売初週の販売台数が1,300万台だったことを考えると、200〜300万台という数字がどれだけ少ないかがわかります。

 

Appleはアメリカにおいては、iPhoneアップグレードプログラム加入者をiPhone Xの予約で優先することを明らかにしています。これらの情報を総合すると、iPhone Xは予約開始直後で売り切れ、当面は入手が非常に困難となり、購入できない消費者のいらだちが大きくなる可能性があります。

「iPhone Xの新機能が商標権侵害」東京の企業がAppleを訴える

iPhone Xに搭載される、絵文字をユーザーの表情に合わせてアニメーション動作させられる新機能「アニ文字」が商標権を侵害しているとして、東京に拠点を置くアプリ開発企業がAppleを提訴していることがわかりました。

  • 2014年から公開中の「Animoji」

iPhone Xの新機能「アニ文字(英語表記はAnimoji)」が、App Storeで公開しているアプリ「Animoji」の商標権を侵害しているとして、東京に拠点を置くemonster k.k.と、同社の最高経営責任者(CEO)エンリケ・ボナンセア氏がAppleを訴えています。

2014年にApp Storeで公開された「Animoji」は、絵文字にアニメーションをつけることができるアプリで、現在も公開されています。

 

iPhone X発表前の夏、商標権の買取を打診する連絡

ボナンセア氏は、App Storeで公開している「Animoji」のことをAppleが知らなかったはずはない、と指摘しています。

さらに、9月のiPhone X発表イベント前の2017年夏には「Animoji」の商標権を買いたい、応じない場合は訴訟を起こす、とThe Emoji Law Groupと名乗る企業が打診してきたそうです。

同氏は、The Emoji Law Groupの実体はAppleだ、と主張しています。

Appleは、iPhone Xの発表イベント開催の前日、「Animoji」の商標権の差し止めを求める訴訟を起こしています。

Appleは、「Animoji」の商標権者として登録されているワシントン州シアトルの企業「emonster Inc」は、「Animoji」の商標を登録した時点で存在していなかった、と主張しています。ボナンセア氏は、日本に移住する前、シアトルに住んでいました。


ボナンセア氏は米国特許商標庁(USPTO)に対し、商標登録の権利者の修正登録を求めましたが、訴訟が進行中であることを理由に却下されています。

  • 2015年に買収した企業の技術を活用した「アニ文字」

iPhone Xの「アニ文字」は、ディスプレイ上部に搭載されたTrueDepthカメラによってユーザーの表情を正確に読み取り、リアルタイムで絵文字に反映させる機能です。

 

 

米Apple、アップグレードプログラム利用者をiPhone X購入で優先

f:id:k-f0rest0112:20171022185720j:image

AppleがアメリカのiPhoneアップグレードプログラム利用者に対し、iPhone X予約開始前である23日から、iPhone Xへのアップグレード予約プロセスを開始できるよう、優遇措置を取っていることがわかりました。

  • 23日から予約プロセスの開始が可能

iPhone Xの予約開始は10月27日ですが、iPhoneアップグレードプログラム利用者はApple Storeアプリを使って、23日からストレージ容量やカラーを選んでおくことができるので、予約開始当日は迅速に購入プロセスを進めることができます。

 

AppleはiPhone8/8 Plusの予約時にも、同じようにアップグレードプログラム利用者がすばやく買い物を済ませられるよう、優遇措置を取っていました。

 

 

  • 手元のiPhoneも郵送可能、来店の必要なし

AppleiPhoneアップグレードプログラムとは、毎年新しいiPhoneへとアップグレードできるサービスで、機種ごとに24回払いの月額を12ヵ月間支払えば、最新のiPhoneへと機種変更することができます。なお月額支払いにはAppleCare+が含まれており、機種変更の際には現在手元にあるiPhoneとの交換が条件となります。ただし24ヵ月間支払ってiPhoneを自分のものにするという選択も可能です。

Appleは今年、「トレードインキット」をiPhoneアップグレードプログラム利用者に提供しており、わざわざApple Storeへ出向かなくても、郵送で自分のiPhoneを送り、新しいiPhoneを手に入れることができます。

 

  • 台数の少ないiPhone Xでは特に重要に

昨年、プログラム加入者がオンラインでiPhone7/7 Plusを予約できず、地元のApple Storeへ出向くことを余儀なくされた結果、店舗に希望の機種がなかったために発売日当日に入手できなかった、というトラブルがありました。Appleはこの一件で提訴されています。

昨年の反省から、今年はプログラム加入者が確実に希望のモデルを入手できるようにするため、こうした優遇措置を取ることになったと思われます。

特に初期の台数が少ないとされ、発売後即完売となる可能性が高いiPhone Xについては、この措置は大きな意味を持つことになりそうです。

 

Apple StoreのスタッフはiPhone Xを薦めない?

Appleの小売担当上級副社長を務めるアンジェラ・アーレンツ氏は、Apple StoreのスタッフはiPhone Xを無理に薦めることはしないと米メディアCNBCのインタビューで語りました。
それぞれのニーズに合ったiPhoneを選んでほしい

Appleのシカゴ旗艦店のオープンに立ち会ったアーレンツ氏は、CNBCの取材に対し、Appleは顧客にそれぞれのニーズがあることを理解しているため、最も高価なiPhone Xを無理に薦めたりしないとコメントしました。

 

「みんなのためのiPhone」というキーワードを内輪で共有していると話すアーレンツ氏は、Apple Storeでのサービスのあり方に関して次のように語っています、
全員がiPhone Xが必要だとは思いません。まず私たちは誰のためにiPhoneを購入するのかを顧客に対して質問します。もしそれが6、7歳のお子さんの場合、どんなiPhoneが必要でしょうか?
出荷台数が少なく入手困難なiPhone X

iPhone Xは10月27日に予約が開始され、11月3日に発売となります。

 

Apple製品関連の情報通として知られるKGI証券のミンチー・クオ氏は、iPhone Xは発売時に200〜300万台しか用意されないだろうとの見解を発表しており、発売後しばらくは入手困難な状況が続くと予測しています。

ティム・クックも「Mac miniが将来の製品ラインナップの重要な一部だ」と認める。やはりminiは生きていた

Apple Mac mini/2.3GHz Core i5/2GB/500GB/NO ODD MC815J/A

社長が言ったら、やっぱり本当ですよね!
モニターやキーボード、マウスを自分で用意して使うデスクトップMacの「Mac mini」。2014年に現行モデルが発売されてから、かれこれ3年が経とうとしています。今まで、次期モデルが「出るぞ、出るぞ」と噂されてきたものの、いまだに新モデルは登場していませんでした。
そんな最中、MacRumorsによると、Apple(アップル)のCEOティム・クックがMac miniのアップデートを予定していることを匂わす発言をしたそうなんです。
内容は、MacRumorsの読者が直接ティム・クックへ送ったメールへの返信だったようで、翻訳すると以下となります。
「<前略>まだ詳細について語れるタイミングではないけれど、我々もMac miniが将来の製品ラインナップの重要な一部になることを計画しているよ。(While it is not time to share any details, we do plan for Mac mini to be an important part of our product line going forward.)」
まず、ティム・クックからの返信が返ってきただけでも驚きなんですが、ちゃんとAppleMac miniの次期モデルを考えてくれているようです。そういや今年の4月に、ワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラーも「Mac miniは我々の製品ラインナップの重要な一つだ」と似たようなことを言っていたような...。
ただ、今回の内容はCEO自ら発せられたもの! 「Do plan」という強調をした表現を使っている点から、少しくらいは期待しちゃってもいいのかも? 4万円台と安価な価格で、多くの人たちの間で人気のシリーズですから、今後の動向が気になるところです。
引き続き、嬉しいニュースを待ちましょう!

macOS High Sierraの不具合:iMessageの受信遅延が起きていることが判明

macOS High Sierra」にアップグレードした一部ユーザーから、iMessageの受信遅延が起きていることがAppleサポートコミュニティで報告されている。

Macを開いている場合、iCloudで繋がっているiPhoneiPadなどのデバイスは通知を受信しないため、メッセージを受信したことに気付かない場合もあるという。

 

  • 一時的な回避法は存在するが、根本的な解決策はない

数分間の遅延で済む場合もあるが、人によっては数時間も遅れて受信する場合があり、大事な連絡を見逃してしまう可能性がある。

この不具合について、一時的に回避する方法は存在する。「iMessage」を一度無効化し再度有効化する、または、MacからiMessageを送信することによって正常にメッセージが受信できるようになるという指摘もある。

ただし、これらはあくまでも一時的な回避法であり、根本的な解決には至らない。しばらくするとまた受信遅延が起きてしまうそうだ。

よって、今のところ根本的に解決する方法としては「macOS Sierra」にダウングレードする他、ない。

WWDC 2017」で披露され、結局「iOS 11」の正式リリースには間に合わなかった「Messages in iCloud」に関係しているという見方もある。同機能は「iOS 11 Beta 5」の時点で機能は廃止され、将来的にアップデートで追加されると見られている。